トタン色のドア

ボルハウⅡ、

 

年末の完成に向け、作業は着々と進んでおります。

 

 

今回は、ボルハウⅠのキープコンセプトながらも

 

黒い洋瓦に白の外壁と

 

モノトーンでシンプルな外観になる予定です。

 

 

で、家の顔とも言える肝心の玄関ですが

 

雰囲気のある木製アンティークドアが理想

 

なのですが、なにしろお値段が高いっ!

 

のと、

 

潮風(雨)に対する耐久性がゼロッ!

 

とのことで、

 

ここは迷わず、無難にアルミ製ドアをセレクト。

 

ただし、大量生産的なデザインとアルミの質感を消し去るべく

 

「トタンみたいな色にしてちょうだいな♪」

 

と現地の自動車修理工場のオッチャンに

 

オールペンしてもらったのがコレ。

 

 

意外にも、塗りだけでワンオフ感が演出できて大成功!

 

あとは、ロートアイアンなどで装飾すれば

 

それらしくなるかなー、って感じ。

 

 

ところで、こちらが今回お世話になっているT棟梁。

 

 

出来ることなら棟梁に弟子入りを志願し

 

ボルハウ作りに参加したいところですが

 

ハシゴで高い屋根裏に登ったところ

 

 

今さらながら高所恐怖症を自覚するあたりが

 

弟子入り以前の問題だったりします。。。

Filed under: house — ボル爺 12:17 AM  Comments (4)

早朝散歩

 

気持ちの良い朝。

 

街はすっかり秋色。

 

 

一方、Pはすっかり錆色。。。

 

 

どんどん塗装が剥がれていく。。。

 

 

Filed under: car — ボル爺 7:02 AM  Comments (0)

SIDEWAY TROPHY事務局より

 

あの悪夢のクラッシュから

 

立ち直りつつあるころ、

 

FOST事務局から届いた一通の手紙。

 

 

先日の、“フェスティバルオブサイドウェイトロフィー”が

 

成功裏に終わったとのお礼と報告を頂きました。

 

ご褒美に、2輪エントラントのみに配られる幻のプラークまで。

 

 

いつも下位グループながら

 

しつこく参加し続ける姿を憐れに思ったのか、

 

はたまた、FOST皆勤賞か(笑

 

事務局の真意の程は分かりませんが

 

いくつになってもご褒美というのはうれしいものです。

 

ちなみに4輪エントラントに配られるプラークはコレ。

 

 

ゆえに、2輪と4輪でダブルエントリーをしない限り

 

この2枚の絵柄は揃わないわけで。

 

 

それがどうしたと言われればそれまでなんですけど

 

「FOST2&4親善大使」に任命されたと勝手に解釈し

 

はたぼぉ氏とともに精進する所存でございます。

 

金子さん、ルミさん。

 

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

 

ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: car — ボル爺 12:08 AM  Comments (4)

カフェカブミーティング2013⑤

 

この日、400台集まったカブのうち

 

個人的第1位は、こちらのボバー風カブ!

 

 

前後のフェンダー以外、

 

ボディにはあえて手を加えずに

 

バイアスタイヤとシートの交換のみで

 

ここまで雰囲気ががらりと変わるとは。

 

 

バイアスタイヤのムチムチ感もいい感じ♪

 

 

 

 

一方、ボル兄のレストアした“あんどんカブ”はというと、

 

 

参加者の人気投票により、なんと6位に入賞!!

 

 

聞くと、この日お披露目された55周年記念車も

 

 

すでに予約済みらしく、

 

自他ともに認める筋金入りのカブマニアっぷり。。。

 

その他に、自分が乗って行った“フィリピンカブ”が

 

モトモト誌から取材を受けたり

 

さらに、もう一台の“赤カブ”にいたっては、

 

帰り道でキャストホイールが粉砕し

 

自走不可となるオマケつき。。。

 

世間一般からしたら

 

兄弟でナニやってんだかって感じすね(笑

 

 

 

おしまい

Filed under: bike — ボル爺 11:25 PM  Comments (2)

カフェカブミーティング2013④

続いて、オリジナリティ溢れるカスタム特集!

 

まずは超絶テクニック!前後片持ちサス車。

 

 

リヤの作りこみもハンパないス。

 

 

続いては、超流麗なボディワークが施されたカブ。

 

 

全てワンオフかと思いきや、ノーマルパーツも上手に流用。

 

 

その一方で、超ラスティ~なカブ軍団。

 

 

にしても、やけにナローなたたずまいだなぁと思ったら

 

 

激しくセパハンでした。。。

 

 

まるで、デパートの屋上にある望遠鏡みたい(笑

 

 

その一方で、癒し系カブもいたりして

 

 

 

 

 

 

カブミーティングと言いながら

 

どれもこれも、もはやカブでないような。。。

 

 

 

しつこく続く⇒

 

 

Filed under: bike — ボル爺 10:43 PM  Comments (0)

カフェカブミーティング2013③

カブがビジネスバイクの代名詞として

 

その名を不動のものとした理由の一つに

 

その積載能力があります。

 

ということで、荷台カスタム特集~。

 

 

 

 

 

 

さらにつづく。

Filed under: bike — ボル爺 11:04 PM  Comments (2)

カフェカブミーティング2013②

 

この日、全国各地から集まったカブ。

 

それを象徴するかのように

 

普段なかなかお目にかかれない

 

ご当地ナンバープレートが勢ぞろい

 

 

 

 

 

ファニーでカラフルなナンバーが

 

似合ってしまうのもシンプルなデザインのカブならではですね。

 

また、このミーティングに参加するには

 

自走での参加が暗黙のルールであるらしく

 

ロングツーリングのついでに立ち寄るのならまだしも

 

 

ここまでどうやって来たのか驚異の福岡ナンバーまでもが

 

 

と思ったら、ミーティング終了時にはこんな変わり果てた姿に(笑

 

 

うーむ、、、輪行という手があったか!

 

そんなマニアックなカフェカブミーティング

 

まだまだ続きます。

Filed under: bike — ボル爺 11:33 PM  Comments (2)

カフェカブミーティング2013①

毎度おなじみ不肖の我ボル兄。

 

このたび、

 

「あんどんカブ」のレストア完了記念にと

 

 

 

赤カブとフィリピンカブを引っぱり出し

 

 

小排気量ツーリングへといざ出発!

 

 

 

向かった先はホンダ党の聖地、青山ウエルカムプラザ。

 

 

毎年恒例のカフェカブミーティングが行われるとのことで

 

 

さらに、カブ生誕55周年が重なったこともあり

 

 

全国津々浦々から

 

 

カブ乗り達が

 

 

続々と集結。

 

 

気が付くと400台を超えるカブが青山一丁目を占拠。

 

 

ニアックでディープなミーティングには慣れっこのはずが

 

カブマニアの異様な熱気と世界に圧倒され

 

この日ばかりは、ボル爺も少々食傷気味。。。

 

なので、少しづつアップしていきます(笑

Filed under: bike — ボル爺 11:20 PM  Comments (8)

GTBBBQ

 

 

さて、サイドウェイの興奮覚めやらぬまま

 

我々の向かった先は

 

御殿場のWOODCOTE GARAGEさん。

 

 

しかしいつ来ても、

 

そのマニアックで濃ゆ~い車種構成に驚かされます。

 

その他にも思わずイマジネーションを掻き立てられるような

 

ビンテージグッズや

 

 

貴重な蔵書が盛り沢山なので

 

 

秋の夜長とばかりに、夜遅くまで洋書を読みあさります。

 

こんな時間も車好きには至福の時♪

 

気が付くと隣でHTB氏は至福の夢の中(笑

 

 

明けて翌日は“GTB友の会”によるBBQ大会。

 

 

お互い初対面ながらも、車好き同士が意気投合し

 

盛り上がりました!

 

 

K先輩にK姉弟のみなさま、ご馳走様でした♪

Filed under: car — ボル爺 12:27 AM  Comments (0)

サイドウェイトロフィーに捧ぐ

 

 

サイドウェイに参戦するようになって

 

かれこれ6年。

 

 

はじめの頃は

 

 

遅いながらも緊張したり

 

 

力が入りすぎたり

 

 

したものですが

 

 

気がつくと

 

 

肩の力を抜いて

 

 

おしゃべりに興じたり

 

 

ゆっくりお茶したり

 

 

過ごせるようになりました。

 

 

パドックに流れる空気感

 

 

というか雰囲気が

 

 

自然とそうさせてくれるのでしょう。

 

 

これも、長年続けてこられた

 

 

主催者さんの努力の賜物かと。

 

 

この日、それを裏付けるような

 

レジェンドからのありがたい言葉が

 

すべてを物語っておりました。

 

 

 

 

2013年 秋 吉日

Filed under: car — ボル爺 9:35 PM  Comments (4)