ボバトラ号“夏”のパワーアップ大作戦!

 

さて、今年の夏休み。

 

な~んも予定がないので、久々にロンツーにでも行こうかと。

 

でもなー、ボバトラ号じゃなー、高速移動だりーしなー。

 

なんて思っていた矢先、

 

格安でFCRキャブをゲッチュー♪

 

 

セッティングや欠品の有無もわからないまま

 

とりあえず純正キャブをとり外しますw

 

 

ラッキーなことに、あっさりとボルトオンで装着完了。

 

 

で、大変だったのはココから。

 

まずは、パワフィル仕様にすべくスカ化。

 

 

取り出した臓物たち。

 

 

続いて、スロットル&ケーブルも交換。

 

 

電装関係はパワフィルのスペースを空けるべく

 

取り外したバッテリーケースを加工してリロケート。

 

 

専用のバッテリーボックスはゲロ高いし、

 

ついでにAIキャンセラーも自作したった!

 

 

仕上げにパワフィルを専用クリーナーでシュシュッっと洗浄。

 

 

これが、びっくりするくらいキレーになりましてん。

 

 

これでパワーアップ間違いなしっ!!

 

さて、この夏ドコいこー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: 250TR — ボル爺 12:17 AM  Comments (0)

中間管理職オンロードツーリング倶楽部 ~大内宿~

 

さて、2日目。

 

 

 

 

 

 

この日は観光とB級グルメをメインにツーリングすることに。

 

ということで、まずは湯野上温泉駅へ。

 

 

日本で唯一の茅葺駅舎とのことで

 

 

駅舎内には囲炉裏まであってなかなかの風情デス。

 

 

次なる目的地は茅葺つながりということで

 

言わずと知れた「大内宿」へ。

 

 

 

 

 

 

名物のネギ蕎麦はあえてスルーして

 

那須の“釜彦”でスープ焼きそばを頂き

 

今回のツーリングのシメとします。

 

 

ヘタレな自分には、こんな観光ツーリングがぴったりだなと思いつつも

 

次回までに「ビッグバイクを手に入れちゃるぞー」

 

と心に誓うのでした。

 

その前に限定解除しろっつーハナシですが。。。

 

 

 

 

Filed under: 250TR — ボル爺 11:01 PM  Comments (2)

中間管理職オンロードツーリング倶楽部 ~木賊温泉~

 

昨年結成された中間管理職林道ツーリング倶楽部

 

今回は趣向を変えて

 

W隊長率いるビッグバイクチームに交じり

 

 

オンロードツーリングに行ってまいりました。

 

 

当然ながら、自身はボバトラ号での参加なので

 

みんなについて行くのがやっと。

 

 

つねに全開につぐ全開で

 

 

かなりスリリングで

 

デンジャラスなツーリングとなったのでした。。。

 

 

で、無事に着いた先は福島県南会津町の木賊温泉民宿福本屋さん。

 

 

ここは、イワナのフルコースが名物で

 

 

みなで囲炉裏を囲み、

 

 

塩焼きにはじまり、味噌焼き、唐揚げ、タタキから

 

 

はてはイワナの骨酒まで美味しくいただきました。

 

 

んでんで、もひとつのお楽しみは露天風呂。

 

 

川原へと続く長~い階段を下りた先に

 

 

いい感じにひなびた温泉が姿をあらわします。

 

 

 

 

清流の流れに耳を傾けつつ

 

 

しばし至福のとき。

 

 

 

2日目に続く⇒

 

 

 

 

 

Filed under: 250TR — ボル爺 4:45 AM  Comments (4)

スプロケ交換

 

XT号のキャブオーバーホールに続き

 

ボバトラ号のメンテの為、下町のエノモッチャンモーターサイクルへ。

 

 

相変わらずの変態的品ぞろえにもなんだか慣れてきた今日この頃w

 

 

さて今回は、GWのツーリングに備え

 

フロントスプロケットの交換をすることに。

(ナットを外すにはインパクトと27ミリのソケットが必要)

 

 

 

画像右のノーマル15丁から、左の16丁へ。

 

 

その結果、低速域でのトルク感は薄れたものの、

 

全開時にエンジンが吹け切る感じが解消して

 

ギアがもう1速増えて6速ギアになった感じデス。

 

 

ツーリング派にはオススメのお手軽メニューですよん。

Filed under: 250TR — ボル爺 11:09 PM  Comments (2)

オヤジダートラの作り方 ~グフテール~

 

じつは、いまだ仮組み状態のシートカウル。

 

あえて白ゲル仕上げのままも潔しですが

 

 

塗装する予算はないものの

 

お安いカッティングシートでちょいとお化粧をしてみようかと。

 

、ここで裏技ご紹介!

 

複雑な三次曲面の型取りには、軽く水で湿らせた新聞紙を利用します。

 

 

これにより正確な雛形を作ることが出来るので、

 

 

ヘラやドライヤーを使わずしてシワなく貼ることが可能なんす。

 

ほらね。

 

 

 

 

うーん、白ゲルのままより断然いいですね~。

 

 

 

で、テールランプの処理は、定番の薄型ルーカスではなく

 

 

丸型ランプを押し込んで奥行き感を演出してみます。

 

 

真後ろから見ると、グフのモノアイみたいになっちゃったw

Filed under: 250TR — ボル爺 11:38 PM  Comments (3)

オヤジダートラの作り方 ~ゼッケン製作~

 

ダートラと言えば四角いゼッケンがお約束ですネ。

 

なので、VMX仕様だった楕円ゼッケンを

 

 

 

 

それぞれ四角いゼッケンにコンバート。

 

 

 

おいおい、肝心のライトはどうするのかって?

 

おっしゃる通り、問題はフロント灯火類の処理なのです。。。

 

ここは、小型のベイツライト等がスマートなのでしょうけれど

 

いろいろ思案した結果

 

もとのライトを再利用することにしました。

 

まずは、旧ゼッケンからライト部をザクザク切り出して

 

 

新しいゼッケンに直径5センチの穴をあけます。

 

 

ビスで固定して

 

 

ホイ、出来上がり!

 

 

今回のこだわりポイントとしては

 

かさばる配線を見直し、フォークにゼッケンを直付けしたこと。

 

 

これだけで、車体が小さくなってレーサーの軽快感が出るのですヨ。

 

 

スペースの関係で行き場を失ったおっきなメーターは

 

これ幸いにと

 

ハーレーのスポスタをマネて

 

ハンドルポストに直立させてみました。

 

 

安易にミニメーターやベイツライトに交換せずに

 

使えるものは使う!

 

部品は絶対に捨てない!

 

オヤジダートラは地球にやさしいのデス♪

 

次回、リヤシートの巻~

 

Filed under: 250TR — ボル爺 1:07 AM  Comments (0)

オヤジダートラの作り方 ~ボバトラッ!?~

 

ダートラ用タイヤといったら

 

ダンロップのK180がまっ先に思い浮かびますが、

 

 

 

 

更なる低重心化と下半身のボリュームアップのために

 

ボンレスハムみたいにムチムチでプリプリな

 

バイアスタイヤを投入!

 

 

 

でもそれって、ダートラじゃなくてボバーじゃね?

 

などと自分で自分にツッコミながらも

 

目指すスタイルは

 

ビンテージダートラなので、これでいーんす。

 

ダートを走るタイヤとしては不向きですが

 

「別にタイヤなんてこだわってねーよ」的な

 

 

当時の草レーサー達の心意気みたいなものを

 

表現したかったのであります。

 

もしかしたら、「ボバー」 + 「ダートラ」 ⇒ ボバトラッ!

 

なんてカスタムが流行るかもしれないし。。。なわけないか。

 

ということで、さっそくタイヤ交換交換と。

 

 

 

ビフォー

 

 

アフター

 

 

 

もいっちょ、ビフォー 

 

 

 

アフター

 

 

 

もひとつおまけに、 ビフォー

 

 

 

アフター

 

 

これで、全体的なシルエットがようやく決まりました。

 

 

 

あとはフロントまわりをスッキリさせて、さらに軽快感を出したいところ。

 

 

 

何度見ても、ムチムチプリンなタイヤに萌え~♪

 

 

 

仕上げにお気に入りステッカーをペタリと貼って作業終了。

 

 

 

次回はゼッケン製作の巻デス。

 

 

Filed under: 250TR — ボル爺 9:33 PM  Comments (0)

オヤジダートラの作り方 ~キーワードは低く小さく~

 

さて、2014年の始動は、まずは2輪からです。

 

オヤジダートラを製作するにあたって

 

往年のレーサーをよくよく観察すると

 

でっかいエンジンとぶっといタイヤに

 

ちっちゃいタンクと短いシートがちょこんと乗ってるだけ。

 

 

 

これにより、低重心化と超ショートホイールベースが強調されて

 

まことにレーシー極まりない姿になるのです。

 

なのでここは思い切って、

 

車格が一回りも二回りも小さいモンキー用のトラッカーシートをちょいす。

 

 

結果、盛大に突き出したシートレールはどうしたかというと

 

 

サンダーでぶった切ってやりました。

 

 

ハイ、これでもう引き返せませんw

 

 

合わせてリヤフェンダーも

 

 

すぱっとカット!

 

 

カブクロスを製作して以来、

 

切った張ったすることに抵抗感が無くなりつつある今日この頃です。

 

 

 

 

さて、これで全長の縮尺化はクリアー。

 

つづいては車高対策に取り掛かります。

 

現在の車高では、オフ車特有の腰高感が丸出しなので

 

 

フロントフォークの突き出しを限界まで増やしてシャコタン化。

 

 

ハンドルバーをロー&ワイドなものに交換すれば

 

 

さらなる視覚的効果が得られます。

 

リヤはリフトアップキットを撤去すれば問題なし。

 

 

で、仮組み終了!

 

 

 

 

ね、車格が一回り小さくなって

 

ダートラマシンっぽくなったでしょ。

 

次回、タイヤ交換の巻!

Filed under: 250TR — ボル爺 6:19 PM  Comments (0)

オンエニ部ダートラ班

 

今年より参戦を始めたACTS。

 

そもそも、いい年こいてVMXを始めた理由として

 

アメリカンモーターサイクルレーシングシーンに

 

強い憧れを抱いていた少年時代がありまして。

 

 

80年代、バイクブームとともに

 

WGPやスーパーバイク、スーパークロスに

 

夢中になっていたボル爺少年。

 

 

当時、いろんなバイク雑誌を読み漁っては

 

かのキングケニーやファストフレディーはもとより

 

ステディローソンなど、ほとんどのアメリカンライダーが

 

ダートトラックレースの出身であることや

 

 

シーズンオフには

 

彼らがモトクロスでトレーニングをしているということを知り

 

「真の速さはダートにあり!」

 

などと物知り顔で一人得意になっていたものでした。

 

 

なので、バイクの免許を取ったら

 

いつかは2ストレプリカやモトクロッサー、ダートトラッカー

 

に乗るものと固く信じておりましたが

 

折りしも当時の世の中は3ナイ運動まっただ中。

 

学生時代は2ストレーサーに乗りそびれ、

 

大人になったらなったで

 

渋谷系トラッカーやティーダバーなどという

 

ヘンテコなブームが巻き起こり、

 

その気恥ずかしさからダートラのも乗りそびれるのでした。

 

そして時は流れ、

 

ようやくVMXにたどり着いたとゆー次第でございます。

 

え~、

 

だいぶ前置きが長くなりましたが、

 

ナニを言いたかったのかと申しますと

 

憧れのカテゴリーであった

 

ダートラ熱が最近メラメラと再燃しつつあるからなのです。

 

 

また、ここ最近XT号の陰に隠れて

 

すっかり出番のなくなったTR号が、

 

よく見りゃベース車として最適じゃんということで

 

いっそのことダートトラックに仕立てちまおーかと

 

ま、そーゆーことなのであります。

 

さらには、

 

ダートラ仕様でACTSに参戦するのも一興かと♪

 

なわけで、ダートラマシンの製作開始でっす!

 

 

 

 

Filed under: 250TR — ボル爺 10:48 PM  Comments (2)

赤い〇〇と緑の〇〇

 

ここ最近の好天続きで

 

バイクの走り納めをしておくべかと

 

TRとXTを引っ張り出しました。

 

 

 

が、今朝にかぎって寒すぎ。。。

 

なので、洗車&メンテのみをしてしゅーりょーデス。

 

 

 

 

あまりに寒いのと、この2台のツーショットを眺めてたら

 

これが食べたくなりましたw

 

 

 

今日のお昼はこれにしよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Filed under: 250TR,XT250 — ボル爺 10:10 AM  Comments (0)